オーベルジュメソンの歴史と館内ご案内




オーベルジュメソンのルーツは約30年ほど前、
アメリカ人オーナーがこの土地を所有し、
北米から、材料、クラフトマン、部材を全て取り寄せして一から建てた建物。

ご事情があって、本国に帰られたのち、
現在の形での運営を初めて12年を迎えました(2014年現在)

建物の主要なところ、家具、調度品の一部もアメリカ人オーナー時代を
そのまま引き継いでいるため、本館ダイニングの壁紙や、
ログコテージの洗面台、お風呂ステップの高さ、あるいは玄関キーの掛け方などに
「アメリカ人設計」が見受けられます。


本館2階のスーペリアルームは2008年に、それまで何部屋かのお部屋に
分かれていたところを、大きく2部屋にリニューアル。
和モダンの内装と琉球畳、窓から見える森と山々が、
「何もしない贅沢を味わう籠れる宿」の雰囲気を盛り立ててくれます。

また2013年には、本館ライブラリー奥の、事務所、バックスペースで
使用していたゾーンに、客室「本館ハナレ」をリノベーション。
本館内にありながら、専用玄関をあつらえ、私邸ハナレのお部屋を
イメージした客室として生まれ変わりました。
「向かい合う部屋」のコンセプトの大きなテーブルと、金箔の壁紙が
印象的な「籠れる部屋」です。


そして今年2014年、春先に、以前のアメリカ人オーナー時代には、
同じメソンとして建てられていた本館山側のログコテージが、
10年以上の時を経て、メソンに里帰り。

春いっぱいの期間で、準備、リノベーションを経て、
6月7日オープンの5番目の客室「比良別邸」として、仲間入りします。
敷地100坪に、専用庭、そして少しかさ高いウッドデッキと、
開放感も抜群の「開かれた部屋」です。


それぞれの客室ごとに、それぞれのスタイルを楽しめる全5部屋。
森滞在と旅時間。ゆっくり流れる時間を味わう森のオーベルジュです。









オーベルジュとは


オーベルジュとは、もともとフランスの自然の豊かな郊外、古い宿場町にあるレストランが寝室設備を併設した施設のことを言います。主はレストランで、ディナーをゆっくり味わったあとにそのまま泊まれるというスタイルのこと。日本では、まだまだ用語としては一般的ではありませんが、オーベルジュでゆっくりと過ごし、普段よりも少しだけ特別なお食事と会話を楽しんでいただきたいと願っています。


大切にしていること→メソンのコンセプトはこちら









日本人の「OFF」のための「仕掛け」
日本人の暮らしはイスとテーブルを基本とする
欧米のライフスタイルを取り入れながらも、
室内では靴を脱いで過ごす習慣は変わりませんでした。
それが、梅雨から夏にかけての湿度の高い
日本の気候風土にかなった暮らし方だったからです。

家に帰れば、靴下も脱いで素足になる。
それが「外」と「内」の境界、
「ON」と「OFF」のスイッチを切り替える「仕掛け」です。

靴を脱ぐオーベルジュ
オーベルジュメソンの建物にお入りいただくとき、
お客さまには靴からスリッパに履き替えていただくこととなります。
玄関は「外」と「内」の境界となり、
室内へ「上がっていただく」しつらえとなっているのです。


第1駐車場から「森の小径」エントランス

ダイニング(レストラン「田園のテーブル」)





天井が高く木のあたたかみにあふれたダイニング。
18:00からのディナータイムは、少人数で贅沢に、ゆったりとお使いいただきます。ダイニングの窓越しに映る「メソンの森」の木々たちを眺めながら、ゆるやかなひとときを、美味しいお料理とともに味わってください。ディナー終了後(おおむね、20:00〜20:30ごろ)でこちらのダイニングとライブラリは消灯、閉店させていただきます。

本館カウンター
ご入館受付もこちらのカウンターで行います。



ライブラリ(本館1階)

本館1階、ダイニングの隣にライブラリーのスペースがあります。ゆったりとくつろげるソファでご自由にご利用ください。
ライブラリーには、500冊ほどの書籍・雑誌、ジャズやクラシックなどのCDがご利用いただけます。
お好みのものをそのままお持ち頂けますので、客室のCDプレーヤでお楽しみください。





デッキで読書をしたり、鳥の声を聞いたりして過ごす
本館ダイニングを囲むように、回廊型に設置されたウッドデッキ。こちらもご自由にご利用ください。
館内は全館禁煙のため、お煙草は、こちらのデッキに灰皿をご用意しております。
またデッキスペースはペットOKです。











ダイニングを囲むような回廊デッキのその先には、別棟のログコテージとウエディングの際には挙式で使用できるチャペルスペースが建っています。壁は、半オープンエア。風の音、川のせせらぎがそのまま聞こえてきます。屋根付きのテラスとしても使える多目的スペースです。

メソンのウエディングのページはこちら









ご利用の客室によって駐車場が異なります。
→交通アクセスのページはこちら

本館、ダイニング(レストラン)
スーペリアルームご利用のお客様
→P1→「森の小径」からお入りください。

本館ハナレ、庭付きコテージご利用のお客様
→P2,P3→「石の小径」からお入りください。

受付は全て、本館内、カウンターで行います。